東京都、埼玉県、千葉県、宮城県仙台市における学校、工場など各種上水道施設の調査、診断、監視、検査は株式会社リクチ漏水調査へお任せください。

各種調査工法

水道施設の異常による水道使用量の増加は日常の使用量に隠れ、判別のつかないままいつの間にか発生しています。そして、この施設の異常による使用水量増加のほとんどは漏水が原因です。

弊社では、使用量推移のデータ分析および診断・調査によって漏水の有無を確認します。
施設全体の調査等を行うことで早期に漏水を発見し、速やかに施設を正常な状態に戻すことにより、漏水による経済的損失を最小限に抑止することが可能です。

標準工法(音聴調査)

標準工法の流れ

水道使用量実態調査

水道使用量実態調査の様子

ロガ型水位測定器を使用し、高架水槽以降の系統(二次側)における圧力数値の変動を水位変動数値に変換し、水位低下の測定及び水使用の状況を記録(測定)します。

ロガ型水位測定器を使用する事によっての効果

1:高架水槽以降の系統での無効的水量の正確な把握ができます。
2:高架水槽の蓋を開けることなく測定が可能ですので、衛生面の心配が無くなります。
3:長時間に渡る計測が自動で出来ます。(1日〜7日間継続測定可能)
4:水位変動数値のデータをグラフ化することが可能です。
5:施設で使われている1日の水道使用量が把握出来ます。(実態調査)
(1日の使用量、高架水槽の汲み上げ回数、水の停滞状況など)

特殊工法

トレーサー工法の様子

トレーサ工法

トレーサ工法とは人体に害の無いヘリウムガスを管内に注入し、漏水孔から漏れ出るヘリウムガスを検知することで漏水箇所を特定する工法です。

漏水によって発せられる「音」を検知して漏水箇所の特定を進める調査に対し、漏水は発生しているものの漏水音が特定出来ない場合や漏水音が発生していない場合、漏水音を検知するのが困難な地形状況の場合等に適しています。

次のような場合に有効です。

微少漏水で音聴調査が不可能な場合

常に騒音が発生している場合

調査する路面が芝生、雑草、植え込み、法面等の場合

コンプレッサー工法の様子

コンプレッサー工法

コンプレッサー工法とは、管内にエアーを送り込むことにより擬似的に漏水音を発生させ、その擬似漏水音を漏水検知器で検知することで、漏水箇所を特定するものです。

次のような場合に有効です。

・漏水の大小にかかわらず、検知器では漏水音が検知できない場合

・埋設管路の特定が困難な非金属管路

相関式漏水発見調査工法の様子

相関式漏水発見調査工法

相関式漏水発見調査工法とは、漏水箇所をポイントで指摘する際に管路音聴調査及びボーリング調査が不可能な箇所に対し、相関式漏水探知機を用いることによって漏水箇所の特定を行うものです。

漏水監視システム

遠隔漏水監視システム(敷地内)

遠隔漏水監視システムは水道の使用量をオンラインで集計・分析し、迅速で的確に使用水量の増加を監視する事により、「無駄な水」を早期に発見するシステムです。
各施設に既存の電子メータ・隔測メータを利用して使用水量を測定し、収録装置にデータを蓄積しますので、過去のデータとの比較も可能です。
データの収録は1時間毎に行い、集計・分析は1時間毎から1日毎・1ヵ月毎に行えます。

遠隔漏水監視システムの主な内容及び特長

1. 水道使用状況を「時間単位」「1日単位」「週・月単位」等で把握できる。

2. 任意の時間毎の使用水量が一定値を超えた場合は、異常として報告します。

3. 配管工事を必要としないため、安価にシステム構築が可能。

4. 電話回線による遠隔送信は、回線を自動的に切り替えることで、新たな工事は不要。

5. 調査員などの点検が不要。機器による監視なので、管理費用は大幅に削減。

6. ランニングコストが殆どかからない。

遠隔漏水(流量)監視システム図

システム図

遠隔漏水監視システムの流れ

L-sign漏水監視システム(道路・敷地内)

L-sign(エルサイン)

L-sign漏水監視システムは、常設型自動配水管監視装置(L-Sign)の主用途である漏水監視機能と、8年間の長期可動により継続的に配水管の漏水監視を可能としたシステムです。

漏水監視機能と管路属性情報管理機能を持ち合わせた次世代型配水管監視装置を用いたL-sign漏水監視システムです。

特長

1. 深夜の時間帯に毎日漏水監視
2. 常設8年間連続可動が可能
3. 漏水発生時はLEDが点滅
4. 漏水発生日の液晶表示機能
5. 内蔵ICタグを用いた管路属性情報の保存及び管理機能

L-sign漏水監視システムの主な内容及び特長

配水管路(および分水給水管路)における管路情報および過去の漏水履歴を分析し、漏水が発生する要因を探りながら漏水発生予測を行い、漏水発生危険管路を選定し、常設型自動配水管監視装置を設置します。定期(選定管路を3〜4回/年)パトロールにより漏水の早期発見を繰り返し行い、漏水による流出量を極限的に抑止することが可能なシステムです。

L-sign漏水監視システムフロー
配水管漏水管システムフロー

(1)設置箇所選定

広域にわたる水道管路網より、漏水監視を必要とする管路、系統を選定します。

設置箇所例:老朽管(漏水多発地区)、主要配水幹線、軌道下横断管 等

(2)機器設置

仕切弁筐内(バルブ)等の上部(スピンドル)にマグネットで設置します。

(3)パトロール(漏水有無確認)

設置されたL-signに対してパトロール調査を実施し(LEDを目視にて確認)、漏水の疑いがある箇所の把握を行います。
施設状況(漏水発生状況)を鑑み、年複数回の調査を計画することにより、漏水箇所の復元に対応いたします。
(従来の工法では、路面音聴調査及び弁栓音聴調査に当たります。)

(4)漏水位置特定

パトロール調査により発見された漏水のおそれがある箇所に対して確認調査を行います。
この調査により漏水位置の特定を行います。

作業内容

その他の機能

L-signにICタグを装備

漏水監視機器のもう一つの機能としてL-signにICタグが装備されており、管路属性データを記憶させ、緊急災害時等に図面が無くても現地にて管路属性情報が取得できる管路属性情報管理機能もあります。
専用外部端末装置は片手で持てる小型タイプで、管路属性情報をリアルタイムに表示させることが可能です。

【属性情報記録:例】

施設事業体名、管理地区、管理図面番号、仕切弁管理番号、弁種管種、口径、敷設年度、開閉方向、開度、回転数、配水系統、水圧、流水方向、漏水履歴 等
※お客様のニーズにより様々な情報項目を記録できます(オプションとして提供)。


給水管設置用

小型機器の為にメータボックス内への設置が可能であり、毎回のパトロールはメータ検針と同時に、容易に行えます。給水管上での小規模な漏水から、分水栓や配水管上の漏水まで探知が可能です。
また、学校等の複雑な配管での漏水を探知する場合にも有効です。漏水が多発している配管や経年劣化が進んでいる配管等、漏水の発生が危惧される配管を中心に設置する事により、漏水が発生した場合には損失水量が少ない時点での発見が可能となります。また、バルブや蛇口の閉め忘れにも有効ですので、漏水はもとより無駄な水に対しても早急な対処が可能です。埋設管路のみならずパイプシャフト内に設置する事により、縦管の不良をも探知可能です。

給水管設置用

【株式会社リクチ漏水調査】漏水調査のことならお任せください。 メールフォームでの お問い合わせはこちら